1. トップページ > 
  2. 住まいの豆知識記事一覧

住まいの豆知識 記事一覧

本当に借りられる?住宅ローンの審査が心配なあなたへ
もしも住宅ローンの審査に落ちてしまったら、どうすれば良いのでしょうか。審査に落ちないために知っておきたいポイントも踏まえてまとめました。
元利均等返済と元金均等返済の計算方法 それぞれどちらがお得?
住宅ローンの返済方法には、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類があります。それぞれ借り入れた元金と元金に基づいた利息を合計した金額を毎月返済するのですが、それぞれ異なる特徴があり、人によって向き不向きがあります。
住宅ローンの繰り上げ返済は行ったほうが良い?繰り上げ返済のメリット・デメリットとは
住宅ローンの負担軽減策である繰り上げ返済ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。繰り上げ返済に関してはメリットばかり宣伝されていますが、デメリットもあることを十分に理解しましょう。
住宅ローンの事前審査と本審査の違い
住宅ローンを借り入れるときには、事前審査をしてから本審査をします。これら2つの審査はそれぞれ特徴があるので、審査をする前に理解しておきましょう。
不動産に消費税はかかるの?
不動産は高額な商品のため、消費税がかかる場合も100万円単位です。そのため、どのような時に消費税がかかるのは、不動産を購入する前に知っておきましょう。
ペアローンと収入合算の違いって?
住宅ローンの組み方には、ペアローンと収入合算という2つの組み方があります。この2つは明確に違いがあり、それぞれ特徴があるので、良く理解して組むことが大切です。
マイナス金利ってなに?
マイナス金利という言葉を知っている人は多いと思いますが、どのような内容かまで知っている人は少ないものです。マイナス金利は自分にも関わってくることなので、内容は知っておきましょう。
住宅ローンの金利の種類の違い
住宅ローンを組むときに混乱しがちなのが、金利の呼び方が複数あるという点です。それぞれの金利の種類の概要は、住宅ローンを組む前に理解しておくと進めやすくなります。
転職回数と住宅ローンの関係
転職回数が多くなると、住宅ローンの審査に影響が出るケースが多いです。しかし、転職回数だけが問題なのではなく、転職した「理由」などの内容が大事になってきます。
住宅ローンは産休・育休期間でも組めるの?
住宅ローンを育休中・産休期間で組もうとすると、通常のときよりも厳しい審査になります。金融機関によっても条件が異なりますので、どういった条件になるのか紹介します。
つなぎ融資ってなに?つなぎ融資の使い方や費用・金利などわかりやすく解説!
注文住宅を建てるとき、手元の資金が少ない方などが「つなぎ融資」を利用する場合があります。つなぎ融資とは、どのようなローンなのか詳しく知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
つなぎ融資を利用すると資金計画なども少々複雑になりますから、事前に仕組みを理解しておきましょう。
【フラット35】と民間住宅ローンの違いって何?
フラット35という言葉を聞いたことはあるけれど、どういったものなのかがよくわからないという方も多くいらっしゃいます。住宅ローンを借りる前にフラット35がどういったものなのかを知っておきましょう。
住宅ローン減税を受けるための方法
住宅ローンを組んで住宅を購入すると、住宅ローン減税という税制優遇が受けられます。ただ、住宅ローン減税を受けるためには手続きがあるので、しっかり理解しておきましょう。
転職した場合でも住宅ローンの審査は通る?
住宅ローンの審査は、勤務先の勤続年数が考慮される場合が多いです。そのため、転職直後の場合などには審査が厳しくなるのは事実ですが、決して借りられないわけではありません。
住宅ローンに保証会社「あり」「なし」ではどんな違いがあるの?
住宅ローンを借りるときには、保証料がかかる金融機関とかからない金融機関があります。保証料は金融機関によっては金額が大きいので、きちんと仕組みを理解しておきましょう。
どう決める?住宅ローンの借入期間
本人が住む家を対象に資金を貸し出す住宅ローンは、最長35年間という超・長期間にわたる借入が可能です。特に日銀の金利政策の恩恵もあり、現在は超低金利。
本当に借りられる?住宅ローンの審査が心配なあなたへ
住宅ローンは金融機関からお金を借りる融資制度。「審査」を通過しなければ、借りることができません。
【人に頼みたくないな……】連帯保証人って絶対必要?
「連帯保証人」とは、お金を借りた人(債務者)が何らかの理由でお金を返せなくなった場合、代わりに返済金を支払う義務を負う人のことです。 ほとんど借りた本人と変わらないほど重たい責任があるので、自分もできるだけなりたくないですし、「人に頼むのは気が重い」と感じる人がほとんどではないでしょうか。
低収入の人ほど得をする!?「すまい給付金」の仕組み
家を建てたり購入したりするときの費用負担を少しでも軽減できるよう、国はさまざまな補助金制度を用意しています。消費税率の引き上げの際に設けられた「すまい給付金」という制度も、その一つです。
給付金を受けるにはさまざまな条件を満たす必要がありますが、それでも最大50万円の支援がありますから、ぜひ活用したい制度です。今回は、すまい給付金の対象となる条件や申請の流れなどの概要をご紹介します。
20代から組める!家計に合った住宅ローンの選び方
自分が住む家を購入する資金を、銀行などの金融機関から借りる「住宅ローン」。マイカーローンや教育ローンといった融資に比べ、ダントツに低金利という特徴があります。
具体的にどうすればいい?住宅ローンを組む手順とは
住宅ローンを組む手続きは、物件選びと並行して次のように進めていきます。1、情報収集 2、絞り込み
マイホームを購入したいけど出費を減らせるところはないの?
マイホームを購入したいけど、月々の支払いがネックが不安という方は多くいらっしゃると思います。例えば、3,000万円を金利1%で35年間借入すると月々の支払いはおよそ8.5万円です。これだけの金額を35年間も払っていくことを考えると躊躇してしまいます。なんとか出費を減らせる方法はないのでしょうか?
住宅ローンの頭金はどのくらい用意するべき?頭金は少ないとダメなのか
住宅を購入するにあたっては大きな金額が必要になるからこそ、正しく理解しておきたいのが「頭金」です。頭金とはなんなのか、どのような役割があるのか、いくらぐらい用意すればいいのか……など、あなたはしっかり理解できているでしょうか?
「ペアローン」「連帯債務型」「連帯保証型」を活用して20代でマイホームを。夫婦で組む住宅ローンのメリット・デメリット
ペアローン型の住宅ローンをご存知ですか?「人生最大の買い物であるマイホームの購入で妥協したくない」「希望の条件で借入を行うほど収入がない」そんなときに、そんなときに、夫婦それぞれに収入のある共働き世帯では、夫婦もしくは家族の収入を合算してローンを組める制度です。
マイホームを購入する時に掛かる費用って何があるの?かかる費用を項目ごとに紹介
マイホームを購入する際に発生する費用はどういったものがあるのでしょうか。 土地と建物の費用は想像がしやすいかと思いますが、マイホーム購入にはそれ以外にも税金や諸費用が掛かります。 実際に購入する時に想定していなかったというようなことが無いように、掛かる費用を知っておきましょう。
20代で無理なく持ち家は買える?20代における持ち家と賃貸のメリット・デメリットを徹底解説
西多摩エリアで20代で一戸建てのマイホームを購入。賃貸に住み家賃を支払い続けるのはもったいない? 一例として「青梅の新築一戸建て」の平均相場と賃貸相場から、将来的な費用を比較します。