住まいの資料請求はこちらを click

贈与税

贈与税とは

贈与税(暦年課税贈与)については、1月1日~12月31日までの1年間に110万円(贈与税の基礎控除)を越える贈与を受けた人は、申告と納税をしなければなりません。なお、贈与を受けた金額が110万円以下であれば申告は不要です。

贈与税の計算方法

その年の1月1日から12月31日までの1年間に親族の他、第3者を含む個人から贈与を受けた財産価額を合計 し、その合計額から基礎控除110万円を控除した残額に応じて10%~50%までの6段階の税率を乗じ、贈与税額を計算します。

贈与税の速算表

基礎控除後の課税価格税率控除額
200万円以下10%
200万円~300万円15%10万円
300万円~400万円20%25万円
400万円~600万円30%65万円
600万円~1,000万円40%125万円
1,000万円超50%225万円

贈与税の計算

税額 = (贈与の総額-基礎控除額) × 税率 - 控除額

※基礎控除額は110万円


計算例

1年間の間に父親から500万円、母親から300万円もらった場合

500万円 + 300万円 = 800万円(贈与の総額)

(800万円-110万円) × 40% - 125万円 = 151万円(税額)


参考詳細リンク

All About マネー-贈与税の基礎(暦年課税贈与)